2015年03月14日

3月14日のりっかりっかサタデー

3月14日放送の「りっかりっかサタデー」は以下のプログラムでお届けしました。
◇中島みゆき/時代
◆オープニング
◆沖縄ありんくりん「サンゴ」
◇BUMP OF CHIKIN/車輪の唄
◆ゲスト 国陶たやかさん、小池裕美子さん(アールブリュット札幌展実行委員)
◆ゲスト 綾部潤和さん(作曲家)
◆イベント情報
◆タロットコーナー
◆今日は何の日?
◇アンジェラ・アキ/手紙 〜拝啓十五の君へ〜
◆エンディング

「沖縄ありんくりん」
3月5日はだいぶ過ぎてしまいましたが、「サンゴの日」ということで^_^

サンゴは生き物
サンゴ(珊瑚)は、クラゲやイソギンチャクの仲間に分類される刺胞(しほう)動物の一種。
腔腸(こうちょう)動物ともいわれ、食べ物と排泄物が同じ口から出入りする体の構造になっています。

『海のゆりかご』
サンゴの集まりであるサンゴ礁は、『海のゆりかご』と呼ばれています。
サンゴ礁は動物の隠れ家や産卵場所であり、多種多様な生物の宝庫として大切な場所なのです。

世界には約800種類ものサンゴが存在します。
沖縄では、約200種のサンゴが確認されていて、世界的にもサンゴの多い海域といわれています。

サンゴの敵
サンゴを食べるオニヒトデなどによる被害や水温の上昇がサンゴを減らしています。
しかし、開発を行い赤土被害を出している人間がサンゴの一番の敵かも知れませんね>_<

サンゴの保護・育成に向けた取り組み
その一方で、サンゴの保護・育成に向けた取り組みもなされています。
映画「てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜」のモデルにもなった方がいます。
「有限会社 海の種」の社長金城浩二さん。
サンゴを養殖して海に還すために、尽力されています。

また、渡嘉敷ダイビング協会は、オニヒトデ駆除やサンゴの植え付けなどの保全に取り組んでいますよ。

ゲストコーナー
「第二回アール・ブリュット札幌展」
実行委員長の国陶たやかさん、副委員長の小池裕美子さんのお二人。

写真 2015-03-14 9 05 30.jpg

アール・ブリュットとは「生(き)のままの芸術」という意味だそうです。
既存の教育に影響を受けない芸術ということで、作者の世界観を作品に見出せることができます。

作品をモチーフにした雑貨の作成・販売もしているようですよ。
(写真でお二人の耳元にあるピアスがそうです)
http://artbrutsapporo.blogspot.jp/

もう一方は、作曲家の綾部潤和さん。
10411835_1559954000903677_6661003246797992596_n.jpg
3/20(金)に行われるライブの告知にお越しいただきました。
絵本の歌がたりと三線のジョイントライブです。

https://www.facebook.com/events/999224873441454/

タロットコーナー
今週は「太陽」のカードです。

sun.jpg

・健やかで楽しく過ごすことができる
・成長の度合いが著しい

楽しい一週間となりそうです。

今週はこのような内容でお届けしました。
また、来週もお楽しみにね。

◆りっかりっかサタデー◆
さっぽろ村ラジオ(81.3MHz)
毎週土曜日午前10:00〜10:58

北の大地から届ける沖縄の情報満載!
地元札幌の情報もバッチリお届けします

NewZoneFMさんのサイトでネット配信中
「twitter」もあります。
posted by 朴直 at 23:34| 放送内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。